050-5362-7577
メールでご相談予約
入官ドットコム      

外国人の雇用・労務問題に強い都総合法律事務所

コラム

オーストラリアのビザ情報

オーストラリアは、日本人が初めて留学するならお勧めの国といわれています。
日本人に寛容で、四季の移ろいもあり、日本人が過ごしやすいからでしょう。今回はそんなオーストラリアのビザについてです。

まず、オーストラリアにはたくさんのビザがあります。
種類はサブクラス(Subclass)417、サブクラス500…といったように数字で分けられています。
サブクラスが異なれば、申請条件なども異なるので、注意が必要です。

また、オーストラリアでは、ETA(Electronic Travel Authority)と呼ばれる渡航許可があります。
このETAは電子ビザシステムとも呼ばれています。
さらに、オーストラリアではこのETAの申請を、日本からオンラインで行うことができます。
(オーストラリア政府サイト:https://www.eta.homeaffairs.gov.au/ETAS3/etas?locale=ja&submit=cancel)。

対象は、観光や契約交渉などのビジネスを目的とした短期滞在目的の人のようです。
オンライン上でビザ申請ができるのは、とても便利ですね。

そして最後に、オーストラリアのビザの中でも、そんなビザがあるのか!というようなビザを紹介します。
例えば、「配偶者ビザ」という、配偶者としてオーストラリアへ移住するためのビザがある中で、「婚約者ビザ」という婚約者対象のビザがあります。
この婚約者ビザは、滞在期間が決まっており、それまでに結婚して配偶者ビザにするという運用が行われているようです。
他にも、「医療ビザ」と呼ばれるオーストラリアで医療行為を受ける人が申請するビザや、「乗継ビザ」という飛行機の乗り継ぎが8時間以上かかる人が申請するビザもあります。

このように、オーストラリアのビザは多種多様であり、一部の申請はオンラインでできるなど、多様化しているので、オーストラリアに行かれる方はぜひご自身の渡航目的にあったビザを確認してから取得してください。

その他のコラム

特定技能はどの職種に対応しているのか?

日本の人手不足解消に向けて「特定技能」のビザが新設されたと大きく報道されましたが、 およそ万能な制度とは、言い難いものです。 現在、日本の各業界の人手不足は深刻化していますが、 人材確保が困難な業界について、一定の専門性や技能を有しており、即戦力となる外国人を受け入れていく仕組みができました。 それが在留資格「特定技能」です。 この特定技能という新しい在留資格が作られたことにより、今まで以上に多くの外国人が働...

特定技能・ビルクリーニング

ビルクリーニング分野は、特定技能1号の対象となっており、これを取得できた外国人は最長5年間、ビルメンテナンス企業と雇用契約を結び、建築物内部の清掃全般に従事することが可能となります。 ビルクリーニング分野は、人手不足が問題となっており、これを解決する方法のひとつとして外国人の雇用が必要となっております。 今回は、そんなビルクリーニングの資格について、取得方法を中心に解説していきたいと思います。 まず、ビルクリ...

コロナウイルスと外国人労働者への影響について

先日のコラムにて、コロナウイルスの影響に伴う外国人の入国禁止措置について説明をさせていただきましましたが、続報がありましたので改めてお伝えさせていただきます。 政府は、国内で緊急事態宣言を発令中で、入国制限を緩和する状況にはないと判断し、新型コロナウイルス感染症の拡大を受けた水際対策を徹底するため、4月末までとしていた外国人に対する査証(ビザ)の効力やビザ免除を停止する措置を、1カ月程度延長する方針を固めました。 ...

マレーシアにおける日本からの入国後隔離

マレーシア保健省が4月29日、入国後の隔離期間を10日間から14日間に延長する措置の対象国を発表しました。 感染力の強い新型コロナウイルスの変異株が流行している40か国を対象としており、日本も含まれています。   日本からマレーシアへの渡航の条件も厳しくなっています。 従来は、渡航前の件さ派任意かつ出発前3日以内とされていたのが、出発から72時間以内の新型コロナウイルス検査の実施が新たに義務付...

企業が入管(出入国在留管理庁)に行う、「特定技能」の必要な届け出について

今日の日本における労働力不足問題を解決するために、「特定技能」の在留資格を持つ外国人雇用の検討を進めている企業様も多いのではないでしょうか。 今回は、そんな「特定技能」の届出に関することをご紹介いたします。 特定技能外国人を雇用している間は、年4回、四半期ごとに会社(特定技能所属機関)の住所を管轄する出入国在留管理庁に届出が必要です。 「特定技能外国人の受入れ状況」、「支援計画の実施状況」、「特定技能外国人の活動状況...

外国人の雇用問題はお任せください

050-5362-7577
メールでご相談予約
24時間対応(留守番電話受付)