050-5362-7577
メールでご相談予約
入官ドットコム      

外国人の雇用・労務問題に強い都総合法律事務所

解決事例

外国人の方のための刑事弁護

相談前

日本在住の外国人が、警察に逮捕され、弊所に御依頼。母国の親族も大変に心配されていました。

相談後

まず、重要なことは、適切な通訳人を選任し刑事弁護活動を担当することです。そして、日本の警察からの取調べに関し、どのように対応すべきかを助言。また裁判にどのように対応すべきかを助言。結果、執行猶予となり、無事に母国に帰国できました。

高谷 滋樹弁護士からのコメント

外国人の刑事弁護には適切な通訳人の確保が重要です。外国人の方は、日本の方と考え方、発想の仕方が異なることが多いです。その際は、適切な通訳者と連携し、日本の司法制度を説明することがまず重要です。弊所は、適切な通訳人の確保に努めております。

その他の解決事例

外国人の方のための刑事弁護

日本在住の外国人が、警察に逮捕され、弊所に御依頼。母国の親族も大変に心配されていました。

外国人所有の民泊用建物のリフォーム工事でのトラブル

外国人の方が民泊を開業するために古民家を購入されてリフォーム工事を実施したが、工事業者とトラブルが発生し弊所に御相談

外国人労働者受入企業様の「不法就労」刑事事件の弁護

不法就労の嫌疑で経営者が、いきなり警察に逮捕され、大混乱。

技能実習監理組合様への外国人労務顧問

技能実習制度に関する法制度が大きく変わり、現場は大混乱となり御相談。組合メンバーの会社の不祥事が発生しその対応を御相談

外国人労働者受入企業様の役所との代理交渉(役所の検査に対応)

新機構(外国人技能実習機構)、労基(労働基準監督署)から検査を受けて大混乱。役所から不必要な指導がなされて困惑。

外国人の雇用問題はお任せください

050-5362-7577
メールでご相談予約
24時間対応(留守番電話受付)