050-5362-7577
メールでご相談予約
入官ドットコム      

外国人の雇用・労務問題に強い都総合法律事務所

解決事例

外国人労働者受入企業様の「不法就労」刑事事件の弁護

相談前

不法就労の嫌疑で経営者が、いきなり警察に逮捕され、大混乱。

相談後

刑事弁護の御依頼をいただき、刑事弁護人として活動。昔のことで御本人も忘れていることも多く、事実関係を整理し、事実に沿わないことは、安易に認めないように助言させていただき、警察に接見に赴き勇気が出るように励ますことに努めました。結果、裁判にかけられることなく釈放されました。

高谷 滋樹弁護士からのコメント

不法就労は、経営者本人が知らないうちに犯している可能性がある犯罪類型となっております。したがって、本人は記憶にないこと、身に覚えのないことを警察の取調べで尋問されることが多くあります。その際は、まずは弁護士を依頼し弁護士と一緒に記憶の整理をしてください。刑罰を課されると会社の許認可まで取消される可能性が出てきます。非常に重大な事態であると認識ください。警察対応できるのは弁護士だけです。

その他の解決事例

技能実習生からの残業代請求

帰国前の技能実習生が突如として失踪しブローカーを介して、残業代を請求してきて、受入企業は大混乱で御依頼

外国人労働者受入企業様の「不法就労」刑事事件の弁護

不法就労の嫌疑で経営者が、いきなり警察に逮捕され、大混乱。

外国人労働者受入企業様の役所との代理交渉(役所の検査に対応)

新機構(外国人技能実習機構)、労基(労働基準監督署)から検査を受けて大混乱。役所から不必要な指導がなされて困惑。

外国人の方のための刑事弁護

日本在住の外国人が、警察に逮捕され、弊所に御依頼。母国の親族も大変に心配されていました。

外国人所有の民泊用建物のリフォーム工事でのトラブル

外国人の方が民泊を開業するために古民家を購入されてリフォーム工事を実施したが、工事業者とトラブルが発生し弊所に御相談

外国人の雇用問題はお任せください

050-5362-7577
メールでご相談予約
24時間対応(留守番電話受付)