050-5362-7577
メールでご相談予約
入官ドットコム      

外国人の雇用・労務問題に強い都総合法律事務所

コラム

外国人観光客に人気の京都の民泊問題

京都には、世界中から多くの観光客の方が来られます。

弊所は、京都の中心部である四条烏丸に所在していることから、日々多くの外国人の方と道ですれ違います。

日本人とすれ違うよりも、多いのではとも思います。

このように多くの外国人の観光客の方が来られるので、宿泊施設も必要となりますが、

京都の宿泊施設を大きく分けると、ホテル旅館と民泊の2種類となります。

ここ数年で、両方の宿泊施設が激増し、空き地があればホテルが建つという光景を目にします。

一方、民泊は、新設することは少なく、空き家の転用ということが多く行われています。

京都市は、「観光公害」という用語を作り出し、ことさらに、民泊を目の敵にして民泊事業者への圧迫を強めています。

しかし、長期的な都市計画の視点で見れば、コンクリートの塊であるホテルが濫立するよりも

木造家屋の転用をする民泊のほうが、街の景観、街の活気の持続という視点ではよりよいはずです。

また、長期滞在を好む外国人観光客には、ホテルよりも民泊での滞在のほうが好ましいという感想を持つ方もおられます。

京都市の民泊圧迫政策について、今一度、考えてもらう必要があろうかと思います。

民泊を購入する外国人の方も多いですが、不動産弁護士に御依頼ください。

司法書士は、弁護士業務はできませんので。

不要なトラブルに巻き込まれる場合もありますので御注意ください。

その他のコラム

新型コロナウイルス感染症の影響による在留期間延長対象者の拡大

2020年9月7日から、在留資格「特定活動」の要件が緩和されました。 「特定活動」とは、新型コロナウイルス感染症の影響により実習継続が困難となった技能実習生、特定技能外国人等の日本での雇用を維持するために一定の要件のもとで付与している在留資格のことを言います。 これまでの対象者は、新型コロナウイルス感染症の影響により、受入れ(予定)機関の経営状況の悪化等により、自己の責めに帰すべき事由によらずに当該機関において活動...

監理団体の「名義貸し」の禁止と委託できる業務

監理団体が「名義貸し」をすることは法律で禁止されており、違反した場合、監理団体の許可が取り消されます。 「名義貸し」を禁止しているのは、外国人の技能実習の適正な実施及び技能実習生の保護に関する法律(技能実習法)38条です。 本条では、「監理団体は、自己の名義をもって、他人に監理事業を行わせてはならない。」と規定されています。 これに違反した場合には、罰則(1年以下の懲役又は100万円以下の罰金)の対象となりま...

新型コロナウイルスの影響による特定技能の増加

特定技能の在留資格を持つ外国人が、2021年の12月末時点で4万9666人にのぼることが、出入国在留管理庁の発表で判明しました。   2020年の12月末と比較すると、3倍近く増加しています。   これは、新型コロナウイルスによる渡航制限の影響とされています。   渡航制限により帰国が困難になった技能実習生が、資格変更したケースが多いようです。  ...

特定技能の在留期限、実質「無期限」化へ

出入国管理庁によると、今まで建設等の2分野のみ対象であった在留期間の廃止について、特定技能の在留資格に関しても同様になくす方向で進んでいるようです。   対象となるのは、特定技能の在留資格が定められている分野すべて、すなわち深刻な人手不足が問題となっている製造・農業・介護等の業種14分野になります。   熟練した技能があれば在留資格を何度でも更新することができるため、実質的に...

在留資格「経営管理」を取得するために必要なこと

外国人の方が日本で働くことが当たり前になった今日では、外国人の方が日本で経営者、もしくは企業の管理者になることも当たり前になっています。 しかし、外国人の方が、このような立場として日本で働くには「経営管理」の在留資格の取得が必要です。 ただし、この在留資格は取得するのが難しいという実情もあります。 そこで今回はこの「経営管理」の在留資格について紹介させていただきます。 まず、前提として、経営管理ビザで経営できる業種...

外国人の雇用問題はお任せください

050-5362-7577
メールでご相談予約
24時間対応(留守番電話受付)