050-5362-7577
メールでご相談予約
入官ドットコム      

外国人の雇用・労務問題に強い都総合法律事務所

コラム

オーストラリアのビザ情報

オーストラリアは、日本人が初めて留学するならお勧めの国といわれています。
日本人に寛容で、四季の移ろいもあり、日本人が過ごしやすいからでしょう。今回はそんなオーストラリアのビザについてです。

まず、オーストラリアにはたくさんのビザがあります。
種類はサブクラス(Subclass)417、サブクラス500…といったように数字で分けられています。
サブクラスが異なれば、申請条件なども異なるので、注意が必要です。

また、オーストラリアでは、ETA(Electronic Travel Authority)と呼ばれる渡航許可があります。
このETAは電子ビザシステムとも呼ばれています。
さらに、オーストラリアではこのETAの申請を、日本からオンラインで行うことができます。
(オーストラリア政府サイト:https://www.eta.homeaffairs.gov.au/ETAS3/etas?locale=ja&submit=cancel)。

対象は、観光や契約交渉などのビジネスを目的とした短期滞在目的の人のようです。
オンライン上でビザ申請ができるのは、とても便利ですね。

そして最後に、オーストラリアのビザの中でも、そんなビザがあるのか!というようなビザを紹介します。
例えば、「配偶者ビザ」という、配偶者としてオーストラリアへ移住するためのビザがある中で、「婚約者ビザ」という婚約者対象のビザがあります。
この婚約者ビザは、滞在期間が決まっており、それまでに結婚して配偶者ビザにするという運用が行われているようです。
他にも、「医療ビザ」と呼ばれるオーストラリアで医療行為を受ける人が申請するビザや、「乗継ビザ」という飛行機の乗り継ぎが8時間以上かかる人が申請するビザもあります。

このように、オーストラリアのビザは多種多様であり、一部の申請はオンラインでできるなど、多様化しているので、オーストラリアに行かれる方はぜひご自身の渡航目的にあったビザを確認してから取得してください。

その他のコラム

海外からの新規入国者、大幅規制緩和

政府は11月5日、新型コロナウイルス対策で今年1月から原則停止していた海外からの新規入国につき、大幅に制限緩和を行うことを発表しました。 政府は、規制緩和により往来を再開させ、経済を活性化したいと考えているようです。これにより、日本人の配偶者や人道上の理由等の特段の事情がある場合以外でも規制が緩和されることになります。 11月8日から規制緩和が行われ、海外のビジネス関係者・留学生・技能実習生が規制緩和の対象となり、...

医療滞在ビザとは?①

医療滞在ビザというものをご存じでしょうか。 最近、病院に行くと、外国人の患者を見かけることが増えたと感じる方もいるのではないでしょうか。 観光だけでなく、治療や手術を目的として日本に滞在する方もいます。 外国の方が日本の病院を受診する場合、「医療滞在ビザ」が発給されます。 このビザがあれば外国人は、日本で治療や検診、人間ドックなどを受けることができ、身の回りの世話をする同伴者を連れてくることも可能です。 ...

人手不足についての日本人労働者の所感

人手不足が深刻になっていく日本ですが、実際に2019年4月に行われた日本人労働者に対する調査では、6割5分近くの労働者が、自分の職場について人手不足だと感じていることが明らかになりました。   その要因として挙げられていたのが、順に、採用しても定着しないこと、退職や異動によってできてしまう欠員、そもそも求人募集をしても応募が来ないこと、そして勤務先の企業自体が人手不足について問題としていないこと、でした。...

ベトナムの送り出し機関5社からの新規実習生受け入れ停止へ

報道によると、 外国人技能実習機構(OTIT)は、ベトナムの送り出し機関5社からの新規実習生の受け入れを停止する方針を、ベトナムの労働・傷病兵・社会問題省の海外労働管理局(DOLAB)に通知したとのことです。   OTITは、技能実習制度を監督するために国が設けた認可法人ですが、 OTITは、2018年の送り出し機関の派遣者数のデータを基に、日本の受け入れ企業から提出される各実習生の実習計画の...

日本におけるオミクロン株への水際対策措置

新たな変異株であるオミクロン株が世界的に広まる中で、日本政府もオミクロン株に対する水際対策の強化を決定しました。 11月30日から、予防の観点からの緊急避難的な対応として当面1か月の間以下の措置が実施されています。   ①オミクロン株ついての別途の指定国・地域 11月29日、オミクロン株に対する指定国・地域として、アンゴラやイスラエル、イタリア、イギリス等が別途指定されています。検疫所の宿泊施...

外国人の雇用問題はお任せください

050-5362-7577
メールでご相談予約
24時間対応(留守番電話受付)